最新記事

相続税の未成年者控除については、金額が決められています。
相続人である未成年者が満20歳となるまではずっと控除されるものであり、成人するまでの年数について1年あたり6万円ということで控除額が計算されます。
そのうち1年未満の期間については、切り上げの処理がなされて1年とされます。
この場合、未成年者控除額の方が相続税額よりも大きいということがあれば、控除額から残った金額については配偶者、直系血族や兄弟姉妹、3親等内の親族といった未成年者の扶養義務者にかかる税額から差し引かれることになります。
また、未成年者がすでに以前行われた別の相続に関連しても未成年者控除を受けていたという場合には、控除額が制限されるという可能性もあります。

離婚したら不動産や住宅ローン、貯金はどうなるの?
こんなお悩みがある方はぜひご相談ください。

倒産・破産を回避出来るかもしれません。
企業再生のサポートを全力で行います!

交通事故被害者救済センター >>
専門家による安心サポート

税に関する知識の牙城
フォークライアンで税金に関するお悩みをスマートに解決

題材に合わせて書いてみよう!
下手でも上手に書けるコツ!